ホームへ
 
トピック

【報告】阿蘇フォーラムまるごとフェスタで、草原再生への取り組みをアピール!

開催日時:
平成16年10月30日〜31日
実施場所:
国立阿蘇青年の家(一の宮町)
主催:
阿蘇フォーラムまるごとフェスタ実行委員会事務局、国立阿蘇青年の家、環境省自然環境局阿蘇自然環境事務所

フォーラムの概要:
【1日目】阿蘇自由学校「若者たちの阿蘇」
 ・基調講演:中谷 健太郎氏
 ・環境省草原再生プロジェクト
 ・3分間熱血主張バトル&コンテスト
 ・大噴火討論会ほか
【2日目】阿蘇見本市
 ・阿蘇のNPOや各種団体、名人・特産品が大集合
概要:
  阿蘇の農業生産者・住民と都市住民との年に一度の交流の祭典「阿蘇フォーラムまるごとフェスタ」が、平成16年10月30、31日の二日間にわたり国立阿蘇青年の家にて開催されました。4回目を迎える今年、環境省も主催者の一員として参加しました。
 一日目は、湯布院賑わいの仕掛け人中谷健太郎氏に「人が地域をつくる」と題しての基調講演をいただいた後、環境省から、草原のすばらしさや危機に瀕している草原の現状、草原の再生に向けた取り組みなどを紹介しました。参加者もスクリーンに映し出される映像に、うなずきながら真剣に見入っていました。
 これに続く「3分間熱血主張バトル」では、阿蘇で夢を追いかける10名の若者が次々と現われ、会場を大いに沸かせました。
 また、二日目に開かれた「阿蘇見本市」では、阿蘇草原再生のパネル展示と野草を使って育てられた野菜の販売を行い、草原の大切さと保全の必要性をアピールしました。
 
湯布院30年のまちづくりを振り返りながら、
阿蘇への期待を語る中谷健太郎氏

聴衆の投票により入賞した4名には、今後1年間、阿蘇フォーラムより活動支援が行なわれます

  
二日目の見本市では、NPOや活動グループなどによる展示・即売コーナーの一角に、草原再生のブースを設置。野草を使った農産品約100袋を完売しました。
掲載日:
H16.12.20
発信者:
阿蘇自然環境事務所


 
戻る
ページの上へ

お問い合わせサイトマップ
 Copyright.2006 環境省 All right reserved.(当サイト内に記載された文章・写真などの画像の無断転載を禁じます)
 ■阿蘇自然環境事務所 〒869-2225 熊本県阿蘇市黒川1180 TEL:0967-34-0254  FAX:0967-34-2082 E-Mail:NCO-ASO@env.go.jp