草原再生シール生産者の会
 
(コラム)草原と草刈りのあま〜い関係
  草刈りが、草原を守る?

草刈り風景の写真 この爽快なまでの草刈り風景をご覧下さい。 秋になると阿蘇の草原の至る所で(といっても以前と比べるとずいぶんと減ったのですが)、こういった景色が見られます。まるで散髪したあとのようなすがすがしさですね。
  さて、草を刈ってしまうと、その草原の花々はどこに行ってしまうのでしょうか?
  阿蘇で草を刈るのは、大体9月頃で、その頃にはたいていの草花は花を咲かせ結実しています。 そのため、草を刈ることは、夏や秋に咲く花々にとっては、なんの悪い影響もないのです。
  それどころか、牛馬の餌や堆肥の材料となるススキやネザサを刈ることによって、来年のススキやネザサの勢いを抑え、その他の草花(小草)が花を咲かすことの出来る環境になるのです。 草を刈ることで花を咲かせるとは何とも逆説的ですが、散髪をして気持ちがいいように、草刈りによって草原の環境が豊かに保たれるのです。
  もう一つ言えば、阿蘇の人々が大昔から続けてきた採草が阿蘇の草原環境にとってよくないはずはありません。 千年以上もの間、営々と続けられてきたこの大変な採草作業によって、この阿蘇の豊かな草原環境がかたち造られてきたのですから。
 
ホームへ戻る
草原再生シール【ホームへ戻る】