草原再生シール生産者の会
 
(コラム)草原と草刈りのあま〜い関係
  草を刈るのは、重労働!大鎌をふるっての作業様子

 毎年9月中旬頃になると、阿蘇の草原のいたるところで採草作業が始まります。急な傾斜地が多く、場所によっては子供の背丈の3倍ほどにも伸びた草を刈る作業になり、今も昔も重労働です。

  昔は刃渡り40cmほどの大鎌をふるっての作業(写真上)でしたが、最近はエンジン付きの刈り払い機(写真下)や、大型の草刈り機で刈ります。

  ほとんどの農家が牛や馬を役牛として飼っていた頃は、餌となる草が大量に必要で、今以上に多くの草を刈っていました。
エンジン付きの刈り払い機での作業様子
  南郷谷のある牧野では、朝、一番列車の汽笛を合図に、みんなが競って草刈りをしたそうです。
  草が足りないほどでしたから、草刈りのできる場所や期間は厳しく決められていたのです。
 
ホームへ戻る
草原再生シール【ホームへ戻る】