草原再生シール生産者の会
 
私が会長です!
前のページへ戻る

会長 写真
  会長 市原啓吉
 阿蘇の草原は、長い間、農家の人々が草原を利用することにより維持されてきましたが、農業形態の変化や農家の高齢化に伴って野草を使うことが少なくなり、草原が放置されることによって生態系が変化し、多くの希少な動植物も絶滅の危機にあります。

  そうしたなかで、環境省の阿蘇草原再生の一環として、野草を利用して育てた農産品に「草原再生シール」を貼付して販売するという取り組みが試行されました。その結果今後もその取り組みを継続することにより、少しでも野草の利用を増やし、草原環境の保全や農家の活力の向上につなげるために「阿蘇草原再生シール生産者の会」を設立しました。

 この会の活動を通じて、見えないところで農家の支えがあって草原が維持されているということを知っていただき、野菜を購入することで阿蘇の草原環境保全に協力していただければと思います。

私たちが育てました!
私たちは、阿蘇の草原の野草を使って、おいしい野菜を育てています。
 

生産者 ひとこと シールを貼っている農産物 出荷先
井 農夫弥さん
井 農夫弥
農家レストラン「八菜家」を経営しています。野草堆肥で生産、栽培した野菜の生命力や味を、田舎の料理方法で伝授していきたいです。 大根、じゃがいも、さといも、きゅうり、トマト 八菜家
井 農夫弥さん
井 まゆみ
野草堆肥を使用することで、草原が守れ、かつ健康で美味しい野菜が育ちます。特にイチゴ・トマトは野草堆肥と酵素液により完全無農薬栽培に自信があります。 トマト、イチゴ、カラーピーマン、ホウレンソウ、肥後ナス、子持ちキャベツ、リーフレタス、セロリ、ニンジン

四季彩いちのみや
あぜり庵
道の駅 阿蘇
道の駅 波野
藤屋レストラン

石橋 敏弘さん
石橋 敏弘
阿蘇の野草を使い、おいしい作物を作っています。この草原を守っていきたいです。 サクランボ、リンゴ、プルーン、トマト 農協出荷
個人消費者向け産地直販売
市原 啓吉さん
市原 啓吉
おいしい野菜を安心して皆さんに食べて頂きたいと思っています。 スイートコーン、キャベツ、ブロッコリー、ジャガイモ、キュウリ、ナスビ、エンドウ 四季彩いちのみや
あぜり庵
個人消費者向け産地直販売
市原 ひとみさん
市原 ひとみ
私が野菜を作るようになって、カヤの重要性や、野焼きの役割など知ることができました。草原は、私たちに安らぎを与えてくれるので大切に守っていきたいです。 キャベツ、スイートコーン、ジャガイモ、白菜 あぜり庵
四季彩いちのみや
江藤 長利さん
江藤 長利
今は家畜の頭数や戸数が減り、野焼きは集落の役員の協力の下行っています。これからも阿蘇の草原を守っていきたいです。 トマト、ミニトマト 阿蘇四季菜市場
大同青果
小島さん夫婦
小島 信仁・加代子
最近では放牧されている牛が減少し、原野も荒れ果てようとしています。少しでも草原を維持していけるよう取り組んでいきたいです。 ツクネ芋、サトイモ、ジャガイモ、キャベツ、白菜、トマト、大豆、小豆 はな阿蘇美
阿蘇四季菜市場
甲斐 イチヨさん
甲斐 イチヨ
生まれついたこの阿蘇の草原。一年中野草の花が咲いている原野を、守り続けなければいけないと思っています。 トマト、地キュウリ、ホウレン草、ナス、イチゴ、ニガウリ、カボチャ、サヤインゲン あぜり庵
四季彩いちのみや
井 農夫弥さん
木本 カチ子
野草堆肥を使うことでおいしい野菜ができ、喜んでもらえていま す。 トマト 道の駅 阿蘇
島田 和也さん
島田 和也
先祖から受け継いだ阿蘇の草原を、刈り取り、堆肥利用することで残していきたい。自家堆肥で作った野菜をおいしく食べてもらいたいです。 ミニトマト、スイカ 自然庵
下城祐一さん
下城 祐一
子供の頃から草原に親しみ、現在も草原の草を利用した農業を営んでいます。これからも百姓を続け、草原に囲まれた生活ができるよう頑張りたいです。 ホウレン草、春菊、根菜類、他野菜 きよらカァサ
個人消費者向け産地直送販売
下村 久明さん
下村 久明
私は農業が大好きです。野草堆肥を1年間かけて熟成させ、使用しています。草を利用することが草原の維持に繋がると考えています。消費者の皆様へ、おいしい里芋を届けています。 サトイモ 九州有機の里
谷川さんの顔写真
谷川 洋一
私の作ったミニトマトは、私と同様一見変わったミニトマトです。糖度も高く、お子様に大人気です。刈り干し堆肥、高森の湧水を使用して栽培しています。 ミニトマト 大同青果
阿蘇西ふれあい市場あかみず
中川さんの顔写真
中川 誠雄
野草堆肥を使い、有機農法で栽培したとうもろこしです。土も元気で、連作障害もなく、毎年おいしいとうもろこしができます。 とうもろこし 個人向け産直販売
中村 節子さん
中村 節子
カヤ入り堆肥で作った、おいしい野菜を食べて頂きたいと思います。 ジャガイモ、サトイモ、ネギ、芋がら、キュウリ、ナス、玉ネギ、葉野菜 あぜり庵
四季彩いちのみや
本田さんの顔写真
本田 吉信
野草を利用した堆肥づくりを通じて、阿蘇の大草原が永久に残っていくことを願っています。 キャベツ、タマネギ、白菜、スイートコーン、ネギ、なす、スナックエンドウ、大根、ホウレンソウ はな阿蘇美
村山 ツキエさん
村山 ツキエ
カヤを使って作る作物の味を是非味わって下さい。 白菜、トウキビ、トマト、キュウリ、ピーマン、ジャガイモ、米、ニンジン、玉ネギ、ブロッコリー、カリフラワー 四季彩いちのみや
村山 芳子さん
村山 芳子
草を刈り取る作業はとても大変ですが、おいしい野菜作りに野草堆肥は欠かせません。これからも野草を利用して、草原を守っていきたいです。 トマト、ミニトマト 四季彩いちのみや
あぜり庵
井 農夫弥さん
安片 英人
野草堆肥の利用により草原再生に寄与できればと思います。 きゅうり 地元スーパー
山口 ヒサカさん
山口 ヒサカ
草原を使って作っている野菜なので、昔の山、草原に戻していけるよう力になりたいです。 ナス、キュウリ、ピーマン、ジャガイモ、米、もち米、ニンジン、玉ねぎ、ブロッコリー、カリフラワー、大豆、白菜 あぜり庵
四季彩いちのみや
渡邉 金久さん
渡邉 金久
健康に生きていくためには健康な食べ物が必要で、健康な食べ物を育てるには健康な土が必要で、健康な土には草原の草が一番必要なので、阿蘇の草原を大切にしたいと思います。 かぼちゃ、らっきょ 四季彩いちのみや
渡辺 政則さん
渡辺 政則
春は野焼き、秋は採草と草原の維持に努めております。毎年よいカヤが採れるようにこれからも草原を守っていきたいです。 地キュウリ、小松菜、ホウレン草、カボチャ、トマト はな阿蘇美

 
ホームへ戻る

 

草原再生シール【ホームへ戻る】