千年の草原を子供たちに引き継ぐために

−阿蘇草原再生推進計画−

阿蘇草原再生の内容 2.草原の生物多様性の源である多様な草原環境を保全します。
目的

阿蘇の草原環境は、多様な地形等の条件の下でさまざまな形で放牧、採草等の管理がなされていることによって、非常に多様な生態系を有しています。この多様な草原生態系を保全・再生することを目的とします。

企画の対象 阿蘇地域内の牧野組合管理地及び現況野草地並びに、その周辺を対象とします。
基本方針

特に多様な草原生態系を形成する上で重要とされる採草作業が、近年急激に減少していることから、採草地の草原環境の再生に重点的に取り組みます。また、希少な動植物の生育・生息地について、優先して検討を行います。なお、新たな事業を進める際は、実証的な手法によりその効果等を確認しながら進めるものとします。

内容
採草地の拡大のための事業を行います。
[施策例]
・小型機械による採草地の拡大についての検討
・野草資源の利用、流通の促進
・ボランティアの活用による採草地の拡大についての検討
畑の土づくりなどにも利用される野草ロール
ボランティアによる採草作業  
 
草原内の湿地 希少な動植物の生育・生息地の保全・再生を行います。
[施策例]
希少種の重要生息地の保全整備
・ 草原生態系として重要な草原内湿地の保全整備
リュウキンカ・サクラソウ

戻る
ページの上へ


お問い合わせサイトマップ
 Copyright.2006 環境省 All right reserved.(当サイト内に記載された文章・写真などの画像の無断転載を禁じます)
 ■阿蘇自然環境事務所 〒869-2225 熊本県阿蘇市大字黒川1180 TEL:0967-34-0254  FAX:0967-34-2082 E-Mail:NCO-ASO@env.go.jp
 
ホームへ