千年の草原を子供たちに引き継ぐために

−阿蘇草原再生推進計画−

阿蘇草原再生の内容 1.草原環境の基本である草原面積の量を確保します。
目的 阿蘇の草原環境は、日本一の面積を誇る野草地に支えられており、その草原景観と相まって重要な自然資源となっています。この広大な面積の野草地を極力維持・拡大することを目的とします。
企画の対象 阿蘇地域内の牧野組合管理地及び現況野草地並びに、その周辺を対象とします。
基本方針

事業実施箇所については、利用者の多い道路沿いなど景観的に重要な場所及び生態系保全上重要な場所を優先して検討を行います。また、事業実施後、牧野組合等地元関係者により管理がなされる必要があることから、事業実施に際しては牧野組合等の意向を十分に聴取し、役割分担をして進めるものとします。

内容
野草地保全のために不可欠な基本的管理である野焼きを継続するため、輪地切りを省力化するための整備等を実施します。
[施策例]
・モーモー輪地切りの整備、小規模点在樹林の除去、防火樹林帯の整備、管理道としても使用できるトレッキングコースの整備等
・ボランティア等による野焼き、輪地切りの支援の拡大
モーモー輪地切りボランティア
 
良好な野草地を再生するための整備を実施します。
 [施策例]
・ 管理されずに放置され藪となっている草原を、良好な野草地に再生
・利活用されていない改良草地等を、良好な野草地に再生
 
良好な草原景観を再生するための整備を実施します。
 [施策例]
・ 景観牧柵の整備による良好な草原景観の創出
・草小積み等草原文化と結びついた草原景観の再生

戻る
ページの上へ


お問い合わせサイトマップ
 Copyright.2006 環境省 All right reserved.(当サイト内に記載された文章・写真などの画像の無断転載を禁じます)
 ■阿蘇自然環境事務所 〒869-2225 熊本県阿蘇市大字黒川1180 TEL:0967-34-0254  FAX:0967-34-2082 E-Mail:NCO-ASO@env.go.jp
 
ホームへ