なぜ今、阿蘇の草原再生なのか
阿蘇の草原再生、これまでの取組み
千年の草原を子供たちに引き継ぐために
そして、阿蘇の草原再生へ

阿蘇の草原の危機
 


急斜面で行われる輪地切り 人々は生業として草原の草を利用してきましたが、近年、化学肥料の普及などにより緑肥、堆肥としての利用が減るとともに、茅葺き屋根の家もなくなるなど、農業形態や生活様式の変化にともない利用されなくなってきています。また、牛肉輸入自由化と価格の低下などの影響による畜産業の低迷、後継者不足・兼業化などにより、農家で飼育する牛馬の頭数が減っています。その結果、採草や放牧が行われることなく放置される草原が増えてきました。
 草原を管理している牧野組合でも、組合員の高齢化や畜産を辞める農家が増えてきたことから、野焼き・輪地切りといった草原維持のための作業がむずかしくなっています。
 これらのことから、草原面積の減少・草原の変容が進んでいます。それに伴って、国立公園としての景観が損なわれ、草原生態系の多様性が失われることなどが問題にされるようになりました。

畜産業の低迷増加する非農家と無畜農家困難になる草原の維持管理
草原面積の減少・草原の質の変化地域別にみる草原の現状


戻る
ページの上へ


お問い合わせサイトマップ
 Copyright.2006 環境省 All right reserved.(当サイト内に記載された文章・写真などの画像の無断転載を禁じます)
 ■阿蘇自然環境事務所 〒869-2225 熊本県阿蘇市大字黒川1180 TEL:0967-34-0254  FAX:0967-34-2082 E-Mail:NCO-ASO@env.go.jp
 
ホームへ