なぜ今、阿蘇の草原再生なのか
阿蘇の草原再生、これまでの取組み
千年の草原を子供たちに引き継ぐために
そして、阿蘇の草原再生へ

阿蘇の草原の価値
 
 

ヒゴタイの花 阿蘇には、年間1900万人を超える観光客が、広大な草原や、牛馬が放牧されたのどかな風景を楽しみに訪れています。多くの人たちに愛される草原の風景は阿蘇の大きな価値といえます。しかし、草原の価値はそれだけではありません。
 一見ススキしか生えていないように見える草原には、阿蘇にしかみられないヒゴタイやハナシノブをはじめとして、草原特有の多様な動植物が生育・生息しています。
 また、草原は牛の放牧地として、安心・安全な肉用牛を生産し、日本の農畜産業を支えています。加えて、草原に降りそそぐ年間2500mmを超える多量の雨は、広大な大地に滲みこみ、6つの一級河川の水源となり、約230万人に水を供給する九州の水がめとなっています。
 さらに、千年に及ぶ人と草原との関わりは、野焼き、盆花採り、干し草刈り、草小積みなど独自の文化を生み出し、それらは阿蘇の自然とともに多くの文学作品にも取り上げられています。


阿蘇の草原の価値
 
 
 
 
 

戻る
ページの上へ


お問い合わせサイトマップ
 Copyright.2006 環境省 All right reserved.(当サイト内に記載された文章・写真などの画像の無断転載を禁じます)
 ■阿蘇自然環境事務所 〒869-2225 熊本県阿蘇市大字黒川1180 TEL:0967-34-0254  FAX:0967-34-2082 E-Mail:NCO-ASO@env.go.jp
 
ホームへ