ホームへ
 
なぜ今、阿蘇の草原再生なのか
阿蘇の草原再生、これまでの取組み
千年の草原を子供たちに引き継ぐために
そして、阿蘇の草原再生へ

畜産業の低迷

 平成3年の牛肉の輸入自由化により、牛肉の輸入量が急激に増加しました。その影響で、平成3年から平成5年にかけて子牛の取引価格が急激に落ち込み、子牛を売ることで生計を立てていた繁殖経営の畜産農家は大きな影響を受けました。その結果、阿蘇の肉用牛生産者の所得が急激に減少し、多くの繁殖農家が牛を飼うのをやめてしまいました。特に繁殖牛の飼養頭数が10頭以下の小規模経営の繁殖農家の多くがこの時期に減少しています。

 現在も、生産者の高齢化とあいまって繁殖農家戸数の減少傾向は続いており、繁殖牛の成牛の飼育頭数も平成3年以降急激に減少しています。さらに、近年のBSE問題の発生等により、子牛の取引価格が大きく変動していることも畜産農家に大きな影響を与えていると考えられます。阿蘇の草原での放牧頭数は、平成15年までの5年間で約1,800頭、17%減少し、1万頭を下回っています。

牛肉輸入量と阿蘇郡における肉用牛の生産農業所得の推移

詳細はこちら

熊本県における子牛価格の推移

詳細はこちら
詳細へ

阿蘇郡における頭数別繁殖牛飼養規模

詳細はこちら
詳細へ

阿蘇郡における繁殖牛飼養戸数と繁殖牛飼養頭数
詳細はこちら
詳細へ

放牧頭数の減少

詳細はこちら

戻る
ページの上へ


お問い合わせサイトマップ
 Copyright.2006 環境省 All right reserved.(当サイト内に記載された文章・写真などの画像の無断転載を禁じます)
 ■阿蘇くじゅう国立公園管理事務所 〒869-2225 熊本県阿蘇市大字黒川1180 TEL:0967-34-0254  FAX:0967-34-2082 E-Mail:NCO-ASO@env.go.jp