ホームへ
 
なぜ今、阿蘇の草原再生なのか
阿蘇の草原再生、これまでの取組み
千年の草原を子供たちに引き継ぐために
そして、阿蘇の草原再生へ

国土を守る九州の水がめ
 阿蘇の草原には年間2,500mm以上もの雨が降り注ぎます。東京で年間約1,400mm、福岡で年間約1,600mmですから、かなり多くの雨が降っていることになります。この雨は阿蘇のあちこちから湧き出していて、草原の間の谷間を流れ下り、九州中・北部における6本の一級河川となります。流域内の人口は九州の人口の約1/6にあたる約225万人で、阿蘇を源流とした水は流域住民の飲み水や生活用水として利用されています。  また、阿蘇のあちこちで湧く水は名水として知られ、県の内外から多くの方がポリタンクを持って汲みに来ています。阿蘇山とその周辺地域では少なくても1,500箇所以上の湧水が確認されており、その代表として3箇所の水源が日本の名水百選に選ばれています。このように多くの水を湧出する阿蘇は、まさに九州の水がめといえます。


阿蘇を源流とする6河川の概要

阿蘇を源流とする6河川の概要図



戻る
ページの上へ


お問い合わせサイトマップ
 Copyright.2006 環境省 All right reserved.(当サイト内に記載された文章・写真などの画像の無断転載を禁じます)
 ■阿蘇くじゅう国立公園管理事務所 〒869-2225 熊本県阿蘇市大字黒川1180 TEL:0967-34-0254  FAX:0967-34-2082 E-Mail:NCO-ASO@env.go.jp
 
池山水源 菊池水源 白川水源