ホームへ
 
関係者インタビュー  

草原を守る人々「上島敬次氏」

(プロフィール)
阿蘇町出身、南小国町在住、54歳。
阿蘇地区国立公園パークボランティアの会会長。
永草牧野組合組合員。
阿蘇町郵便局勤務。
自宅に隣接して私設図書館「まいぶらり〜」を開設。蔵書は現在1万冊くらい、阿蘇関係や自然関係のコーナーも設けている。

上島敬次さんの写真
上島敬次氏


質問上島さんが子供の頃の草原での思い出を聞かせてください
 実家が阿蘇町の農家で、牛を飼っていたため、小学生の頃から親について牧野に行っていました。草刈りなどの作業の手伝いをするだけでなく、そこで昼寝をしたり、ご飯を食べたりと、ごく身近に草原がありました。
 現在も永草牧野組合の組合員で、野焼き、輪地切り、輪地焼き等の作業に毎年参加しています。


質問パークボランティアの会についてお聞かせください。
 パークボランティアの会は、平成6年7月に発足しました。初代会長は大滝典雄先生で、阿蘇のさまざまな問題に対して大変意欲的に取り組まれている方です。私は、その翌年、第2期生として入会しました。現在の会員数は59人で、阿蘇郡外からの参加もあります。年齢は、24歳から84歳までと幅がありますが、平均すると60.5歳くらいです。
 国立公園内の清掃奉仕やミヤマキリシマの害虫調査、自然観察会の開催といった活動を行ってきました。


質問自然観察会などの活動について教えて下さい。
 自然観察会の参加者は、当初は4、5人程度だったのですが、最近は数が増えて毎回30〜40人位の人が集まります。開催前には、下見やコースづくりなどの準備が必要です。会員が草刈り鎌や鉈を持って、あらかじめコースになる道を整備しておくこともあります。観察会の案内は会員が行います。私も、先輩会員の見よう見まねでやってきました。自然案内人協会ができて、私も参加していますが、そちらで勉強している者もいます。
  平成10年と12年には、「阿蘇の草原で学ぼう 自然解説マニュアル」というコース案内を作りました。会員が自然観察会で案内する時のマニュアルになるし、一般の方々の観光ガイドとしても使えます。図書館や学校に配布したり、希望者に差し上げたりしました。1冊目は、観察会のコースごとの案内が主でしたが、2冊目には草原についてのQ&Aや、「草の道」の紹介、草泊まりの作り方なども載せ、より内容の濃いものとなっています。


質問自然観察会のコースには、「草の道」が組み入れられていますね。古くから人と牛が通っていた「草の道」を歩くというのは、一般の人々が草原の文化を知るとてもいい機会になると思います。
   今後も、「草の道」の保全や修復をされるのでしょうか。
 北外輪壁には、牛と人が草原への往来に利用した坂道(=草の道)が多く残っています。そうした道を復活させて観察会のコースに取り入れたのです。前会長の頃は、毎年2本、草の道を復活させるのが目標でした。現在は時間に余裕がなく、活動はストップしていますが、一度復活させた道は何度も観察会で利用しています。
 会員には地元の人も多く、草の道のことをよく知っているので案内しやすいという者が多いです。また、坂を復活させる時に、地元の高齢者に話を聞きにいったのですが、昔使った思い出の道を復活させるということでずいぶん喜ばれました。
  できるだけ通れるようにしていきたいとは思っているのですが、藪化がひどく、人々の記憶も薄れつつある中、これから新たに埋もれている道を復活させていくのは、なかなか困難な状況にあることも事実です。

質問阿蘇の草原保全・再生において、今後パークボランティアの会の活動が期待されますが、これからの活動や草原再生についての考えをお聞かせください。
 パークボランティアの会は、最近は自然観察会を中心にした活動を行っていますが、本来のボランティア活動を見直そうということで、今後は、もっと活動の幅を広げていきたいと思っています。
 阿蘇草原再生では、草原管理手法の実証試験地における管理活動にも一部の会員が参加することになりました。最初の活動内容は、試験地の草刈り作業です。普段の生活で草原に入る機会が減ってきているので、参加者は意欲を燃やしています。今後、草原再生関連の活動を会の活動として取り入れて、活動の幅が広がっていくことは、非常に喜ばしく、参加する会員にとってとてもよい刺激になると思います。
  今後の自分たちの活動が草原再生につながって行くとともに、より多くの方が草原再生に向けた取り組みに参加して、美しい阿蘇の自然が守られていくことを期待しています。

 
戻る
ページの上へ

お問い合わせサイトマップ
 Copyright.2006 環境省 All right reserved.(当サイト内に記載された文章・写真などの画像の無断転載を禁じます)
 ■阿蘇くじゅう国立公園管理事務所 〒869-2225 熊本県阿蘇市大字黒川1180 TEL:0967-34-0254  FAX:0967-34-2082 E-Mail:NCO-ASO@env.go.jp